2018年2月25日日曜日

日本は変わるのか 働き方改革 Wワーク アルバイトとパートに手厚い保護を セルフレジなど


 2017年は労働時間の問題がニュースになりました。
月の残業時間が50時間くらいにする規制などありました。

 マイナンバー導入から2年になってきましたが、マイナンバーって
登録してもほとんど個人では使わないのが客観的な意見ですね。

 Wワークとか違う職場でも働く形態の方や個人事業者の確定申告でしょうね。
そこまでWワークする人は子育てや高齢者と生活している人だろうと思います。
 本当にお金が必要な人には規制は意味がないと感じます。
給料が高いと負担が上がります。ボーナスとか手当がある方ならよいですが
そこまで身を削って大きな保険関係の負担ですね。


でも、わずかに負担軽減されるだけで、そこまで大きなことは行政ではやっていません。
  一方では正社員で月給制、有給休暇、週休二日制、賞与などある企業も
少ないですがあります。月給制で有給なら基本給は変わりません。

そのほか日給(日当制)、時給換算すると安すぎるなどさまざまな形態があります。
これだけの大きな差を見過ごすことは問題になると感じます。

 さらに行政が土曜閉庁とか17時までとか昔のような考え方では有給休暇がない
本当に働き尽くめで少しでもお金が欲しい生活困窮者にとっては大きな負担ですね。
来庁時間を9時を11時にして19時までにしたり方法はいくらでもあります。

 もし、消費税が値上げされるなら、このような大きな格差を減して欲しいです。

 アルバイトやパートで休みたくても人員不足で休めない企業もかなり多くあります。
実際に土曜日や休日はショッピングセンターでは来店数が平日より僅かに多い程度です。

 この深刻な人手不足を減らすために2017年ごろからセルフレジがお店に増えました。
まだ始まったばかりですが技術革新によって労働者の負担を減らすことは
良いと思います。お店の仕事はレジ以外にも商品の検品や補充などあります。
 そう心配する問題ではありません。レジも手打ちからバーコードへ進化した
時代があったわけですから、産業の進化は特異なものではありません。


 将来的に新卒者でも気軽に働ける会社づくりは必要になってくる時代が来ます。
ネットワーク普及によってさまざまな企業情報が流れていますから、
なかなか思っているような会社に就けることは少ないような感じがします。
会社の業務などすべてのことが理想的で最適なものであるのかどうかを考える…
ITに捉われない企業の産業ソリューション事業に期待したいですね。
それには多くの企業の協力なしでは達成できないと感じます。


0 件のコメント:

コメントを投稿