2015年3月4日水曜日

次世代のアナログ文化をつくりたい 電子書籍の危険性 複製できないようにするには

 最近は昭和ブームということもあり、ビデオデッキ、Wラジカセ、乾電池など
まだまだ多くあります。今まではテレビ、カメラ、オーディオ、家電製品などデジタル化という
流れでした。
 各メーカーは競い合って販売を今もしています。しかし、デジタル化して便利になる一方
今までに比べて高度な技術を必要としなくても作ることができるようになりました。
書き換えが可能なソフトになることで、機種ごとのソフトと部品を入れるだけです。
 ソフトウェアにすることでこのように効率的になりますが低価格競争には不利になります。

 今まで製品を処分していたものを安価な機種に変えることができるのです。
ちょっとした例でしたが、考えを改めました!本を全て電子書籍にすると海外版などが
作られる危険性があります。法的問題はもちろん技術情報の流出などもあると思います。
 そういうことを考えてみると、アナログとかハードウェアというのはそう安易に複製
できないのです。もし、これがデジタルとかソフトに複製できないようにして
新しいアナログの文化を作っていけば日本の文化を守ることができるような気がします。
アナログ化というのはなかなか大変なことです。

 なんといいますかうまく説明できませんが、デジタルに偏りすぎという風潮が
ある気がします。今振り返るとカセットテープなどのアナログのほうがよかったと思います。
例えばデジタルではフォトフレーム、アナログでは額縁さて、どちらがいいでしょうか?
子供の雑誌の組み立て付録とDVDつきのソフトの付録とどちらがいいでしょうか?
 有名なアーティストのアルバムのネット配信とDVDジャケット販売とどちらがいいでしょうか?
ネット販売とFAXBOXとどちらがいいでしょうか?

 カセットテープとSDカードを比べてみるとカセットテープは小容量、SDは大容量です。
劣化についてはカセットテープは段々と音質が悪くなる、SDカードはプツリとデータが切れると
これまでデジタル保存がよいとされてきましたが、ハードエラーが起こると途中で止まる
ことになります。地デジに関しても「受信できません」と出るだけです。
 アナログというのは古いイメージがあるかもしれませんが、うまく使えばアナログが良い
場合もありますね。

 またパソコンやスマホがなくてもデッキで操作できるのはアナログの大きな魅力です。
とまぁ、昭和ブームをブームで終わらせたくない気持ちで書いてみました。それでは…


0 件のコメント:

コメントを投稿