2014年8月15日金曜日

王様ゲーム 進撃の巨人を読んでみました 日田から阿蘇 甘いドリンクのみたいです

 「王様ゲーム」というコミックを機会があったので、
読んでみましたが、主人公は学生でいたずらのようなメールが届き
「○○とキスする」みたいな内容でそのとおりにやらないと
バツがおこるもので、最初は遊び半分でしたが何人も殺されて
恐怖の中、犯人さがしをするコミックです。
 こういう内容はどこかで読んだこと(謎)がありますが、
かなり拘束的で酷い内容でした。まぁ大人向けのマンガ本です。

 コンビニで「進撃の巨人」のキャンペーンとかいろいろありますが、
初回でコンビニでやってて、それからあまり見かけなくて、
発行部数が増えて?またキャンペーンをやっているので

「進撃の巨人の足跡のパン」とかちょっとおもしろいので
まだ読んだことがないので実のところ、
内容はどうなのかと疑問に思ってきました!
 ちょっと異色のファンタジーで人類は壁で街を囲み、
巨人の進撃を防いでいるコミックでした。
要するに動物では弱肉強食というのがあって、
 人間にはそれがない。もし巨人が人間を食べたらのようなもの
でしょうね。ちがっていたらごめんなさい。

どちらとも面白いというより、段々と引き込まそうな内容でした。
きいた話ですが、12号からは少し違ったストーリーになるらしいので、
最新号もおすすめ(?)らしいです。
進撃の巨人の動画はかなり仕上がっていて、オープニングが好きですねー。
でも人間の死体をリアルにイメージしてしまうので、この作品は今はパスですね^^;
 まぁ進撃ブーム?で学研からはムーで巨人の話があったりします。


 進撃の巨人の作者は「諫山創」で諫山(いさやま)姓と言えば…
日田に多い姓で、調べてみるとやはり、「日田の大山んもんか。」
日田弁を訳すと日田の大山(おおやま)の人でした。

大山と言えば筑後川の上流の大分県では三隈川(みくまがわ)ですが、
玖珠(くす)川と大山川が合流して、三隈川になります。
大山は大山川の上流には松原(まつばら)、下筌(しもうけ)の2つの
ダムがあって、松原から杖立(つえたて)から山国、阿蘇につながる
街道にある地区です。

ついでに日田の南部を津江(つえ)と呼びますが
この津江をひと山越えれば阿蘇になります。
熊本から阿蘇に入るのと日田から阿蘇に入るのは
日田の津江からが近いです。

日田郡の津江の範囲はかなり広いです。
日田から大山、松原ダム、杖立、小国(おぐに)と
熊本に入るまで、だいたい一時間かかります。
国道は松原ダムをわたりますが、
この上が津江で小国側が杖立になります。

日田の人は天ヶ瀬か杖立の温泉にいきます。
当時は湯の温度が日田より高いことで
よく会合で行ったりしていました。

小国は久大線の豊後森から宝泉寺、小国の廃線跡があります。
とまぁ、

このコースは今は道がよいので、阿蘇の外輪山(大観峰)までは
初心者でも走ることができます。
ただ、大観峰(だいかんぼう)から先は下りの急勾配と
ヘアピンカーブがあるので下り坂に慣れたベテランの方がよいです。
しばらく草原を走ると菊池阿蘇スカイラインの看板が
見えます。ここで運転を交代するとよいです。

スカイラインをくぐると急な下り坂になりますが、天気がよければ根子岳がよく見えます。

国道212号線は中津、耶馬溪、日田、小国、阿蘇のルートで、
今回の動画は日田から阿蘇のルートで調べてみました。

国道212号線の旅 #02 #03:
https://www.youtube.com/watch?v=oSrDm1LEwT8

https://www.youtube.com/watch?v=SW2uHXVFVq4

そういえば「日田梨」というドリンクはおいしいとは思いませんね^^;
日田梨はあま~い感じでこのドリンクは梨と言えるのか?
というレベルで 商品名に「梨」はつけないでほしいです。


日田梨でも埼玉の梨でもこんなに苦くはないです。
100%がなくなるとオレンジジュースもコーヒーも
苦くして騙す的な飲み物に思えてきたなぁ。
と終わるのかと思えば、コーヒーのボスの復刻版を飲みました。
レインボーよりも甘くて飲みやすかったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿