2016年10月13日木曜日

BlueDRAWブランド メインのタブレットからWindows98マシンをメインでソフト制作 スティックPCのような発想

 今回はWindows98のソフトブランド「BlueDRAW」を立ち上げることにしました。
今までWindows7でソフト制作していましたが、都合でPCを知り合いにゆずりました。
まぁ知り合いはPCに詳しくないので時々行ったりしていますが、
やっぱりタブレットよりも「何でもいいからWindowsパソコン」が欲しいんです。


ある日DOS/VショップでスティックPCは便利だなと思いました。
USB接続でマウスとキーボード、HDMIでモニタがつながればパソコンになるんです。
でも、3Dは使えないしネットくらいできる具合です。 使っていたマシンは
 WindowsパソコンはあってもWindows98のノートパソコンで画面が
接触不良の状態でした。まぁ何度かノートの後ろに外部ディスプレイ接続したことが
あって、映らないノートは邪魔なだけでした。

「同じWindowsだから何かできてもおかしくない」とUSBのことを深く考えてみました。
USB2.0はたしかWindows98も認識できるけど、問題は当時のハードと合うのかと。
もし、ハブが認識できれば「Windows98のデスクトップにできかも~」と少し期待が
生まれました。ハブにはマウス、キーボード、2GのSDカードスロットです。
当時のUSB2.0は幸いにたこ足USBハード機器をつなぐことがトレンドでした。
少し待つとWindows cabsにあるCD-ROMを読み込んで無事プラグインしました。
今のハブでも問題なくWindows98で認識できますね。
ノートは縦置きか横置きで閉じていてもHDDはバリバリ好調ですから
 まだまだ使えます。業務用ノートで耐久性があることが救いで大成功でした。

 手頃なHSPで制作を再開しました。Windows7よりも遅く重いですが、
まだ我慢できるレベル(MSXBASICのような動作感)で少し待てばしっかり動くので
いい感じです。今の画像解像度に耐えられるかと言えばケータイのカメラ程度の
画質であれば遅いですが表示できます。残念ながら当時のフリーソフトでは時間が
かかりすぎました。「あの初期のサイバーショットの時代ならまずできないでしょ。」

 そして、数日間Windows98のメモリが足りない問題で苦戦しました。
でも、画像を800×600まで小さくして動作させる軽量化バージョンがあって
先にできあがりました。50%程度で完成したものもありますが、
全てが完成するのは年内目標ですすめています。BlueDRAWブランド(?)は
SNS向けのフリーソフトというコンセプトで11月からやっていきたいと思っています。

 その後、待望のWindows10のスティックPCを購入することができました(パチパチ)

 
 BlueDRAWブランド:
 http://wood-art.main.jp/www-hp/bluedraw/

 スティックPCでWindows10を試す:
 http://fullmsx.blogspot.jp/2017/04/pcwindows10.html

0 件のコメント:

コメントを投稿